総合歯科診療 / synthesis

総合歯科診療

部分矯正

部分矯正

部分矯正とは、前歯だけなど部分的に歯を移動させる矯正治療です。
通常の歯列矯正と比較すると、より短期間での矯正治療が可能です。

また取り付ける矯正装置が狭いため、違和感が少ないといわれていますが、装置をつけられる歯の数が限られているため、動かしたくない歯へも負担がかかってしまい、結果的に全体の噛み合わせを崩してしまうといったトラブルも起こりうるのです。

当院では、虫歯が深くて抜かなくてはいけないと言われた方の矯正的挺出法や長期間歯がないことによる傾斜した歯の修正、や圧下処置。歯周病によって歯が動いてしまった方への修正。など小さいインプラントも積極的に応用しています

部分矯正は様々なメリットやデメリットを把握し、ご理解いただいた上で治療をしていければと思います。

インプラント

インプラント

インプラントを用いた治療は、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製の特殊なネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着します。

失ってしまった歯を、今までと同じように機能させる事が可能な治療方法です。

このインプラント治療は、歯を1本失った場合から全部失った場合まで、あらゆるケースに対応する事が可能です。

当院では、勤務時代に様々なケースに対応してきた経験(200ケース)があり、インプラントだけでなく、骨が無くインプラントが出来ないと言われた方の骨造成(ソケットリフト法サイナスリフト法、ブロック骨移植〕や歯茎の再生療法(CTG法やFGG法)エムドゲイン使用や最近ではリグロス(保険適応)なども積極的に行なっています

インプラントによって、入れ歯を固定して違和感を減らしたい方や、自分の歯の様な感じを取り戻したい方にはいい方法だと思います

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

虫歯が1本もないとおっしゃる患者さまも、実はご自身が気づいていないだけで、噛み合わせに問題のある方もいらっしゃいます。

噛み合わせ治療は、噛み合わせのズレに注目し、その噛み合わせを正しくすることで、病気や不調を改善していきます。

噛み合わせは、生まれつきの歯並びも関係しますが、食生活・口腔ケア・ストレス・癖(頬杖をつく、爪を噛む、舌で歯を押す、はぎしり)など普段の生活でのちょっとした癖でも影響します。

正常な噛み合わせになることで、筋肉や骨格のバランスがよくなり、全身の健康にも繋がります。

歯がある方はPGI clubにて教えていただいた。ソフトスプリントから生活習慣指導及び噛み合わせの再構成

歯がないかたは、ゴシックアーチ(噛み合わせを正確に見るための装置)やリマウントテクニックなど積極的におこなっています